パピヨンの上手な育て方

パピヨンの飼い方

HOME

パピヨン
 

パピヨンと言えば、ふさふさの長い毛に覆われた愛らしい顔立ちの犬であり、人気の犬種の一つです。


なのでペットショップでパピヨンの子犬を見付けて、思わずその愛くるしい姿に
魅了され、衝動買いに近い形で購入してしまう、という人も珍しくないです。

 

ですがそういった形で、パピヨンを飼った経験がない人が、
パピヨンの子犬を飼って戸惑う事があります。

それは、パピヨンの子犬が生後4ヶ月から6ヶ月頃に経験する、俗にハゲ期等と呼ばれる時期です。
その時期になると、パピヨンの子犬の毛が大量に抜け始めるのです。

パピヨン


ふわふわと柔らかだった子供の毛から、長い大人の毛へと生え変わるのですが、
その毛の抜け方が大量過ぎて、まずびっくりします。
更に生え変わる大人の毛というのも、時間を掛けてゆっくりと長く伸びて行きます。

なので生え変わる毛よりも、抜けて行く毛の方が目立ってしまい、
パピヨン自体の見た目もハゲた様になってしまうのです。


なのでパピヨンの子犬を飼った経験がない人は、このハゲ期を知らなかったりするので
その見た目から、皮膚病といった病気だと疑ってしまいます。
その結果心配になり、獣医の元に駆け込むというケースも少なくないです。

 

ですが前記した通り、このハゲ期というのは、パピヨンの子犬が大人の毛へと
生え変わるための過渡期です。だから見た目がハゲて痛々しいからといって
病気ではないので心配する必要はないです。

子犬

大人の毛が生え揃うのを待てば、ちゃんとパピヨンらしくふさふさな毛で愛くるしい姿へと変身してくれます。
もちろん、あまりにも心配になるようであれば、獣医さんにも相談してみてください。
成長の過程の現象と獣医さんから直接言われれば安心もできますし、
反対に何かの異常が見つかる可能性もゼロではありません。


始めてペットを飼うときはこのように、知らないことがたくさんあります。

何事も経験ですが、やはり前もって知っておくことが必要です。
ですから、まず欲しいとおもう種類を見つけたら調べてみましょう。

食事や習性。飼い方のコツなど。
知っておくだけで彼らとの接し方も随分と変わってくるのではないでしょうか。

そういったことってたくさんありますよね。

混合ワクチン * 食べ物 * 見学 * 相場 * 多頭飼い * ペットショップ * 寄生虫 * トイレトレーニング * 無駄吠え * 近隣地域  

CONTENTS